材料倉庫

厳しい品質管理の基で、入念にあくまでも念入りに、素材を知り尽くした名工の手によって一つ一つ仕上げられていきます。


裁断

ベルトの幅にあわせて、真っすぐ一直線に裁断するのが熟練職人のわざ。

革漉

一本一本革の裏面を加工に適した厚みに薄くすいていきます。


張り合わせ

熟練した職人が一本一本、丁寧にベルトの裏素材と芯材料を張り合わせていきます。


コバ仕上げ

一本一本、丁寧にコバ(ベルトの両側面)を磨き、コバを塗り、色落ち止め等を施します。


付属加工

ベルトのバックル(頭の部分)を一つずつ手作業で革を張り合わせていきます。


帯検品

バックル部分を取り付ける前に帯本体に傷や不良がないか検品します。


穴アケ

ミリ単位の正確さが要求される作業も一本一本手作業です。


検品

バックルを取り付け、完成後、再度、傷や汚れなど欠陥がないか検品します。


会社概要   店舗情報   ブランド紹介   こだわりの品質   プレス   お問い合わせ
© 2003 Prairie Shimizu Co., Ltd. All rights reserved.